治療の流れ


治療の流れ

巣鴨オステオパシー治療室での治療の流れを紹介します。

問診主訴や治療歴、既往歴などをお聞きします。
姿勢検査・重心検査姿勢の状態や上半身・下半身の重心のバランスを診ます。
オステオパシー・カイロプラクティック的検査骨格や筋肉の状態を診ます。
スタティック・パルペーション(静的触診):脊柱・骨盤や四肢の骨格の位置的異常を診る
モーション・パルペーション(動的触診):脊柱・骨盤や四肢の関節の動的異常を診る
マニュアル・マッスル・テスト(徒手筋力検査):筋肉の左右のバランスを診る
症状に特化した検査整形外科学的検査や神経学的検査など
クリニカル・バイオホログラフィック・システム症状の原因を見極めます。
筋肉反応テストを用いて、フィンガー・モードやチューニング・チップにより、健康の三要素(構造─化学─精神)のアンバランスを診る
治療病態に合わせて、必要な治療手段を選択して、施術を行います。
オステオパシー&カイロプラクティック
カイロプラクティック・マレッタ(器具により僅かな力を骨に加えて調整をする)
ノン・フォース・テクニック(呼吸に合わせた僅かな力を骨に加えて調整する)
リリース・テクニック(関節・骨・筋筋膜・歯牙の歪みを僅かな力で調整する)
マッスル・エナジー・テクニック(筋肉の抵抗運動を用いて脊柱・骨盤を調整する)
骨盤ブロック・テクニック(楔型ブロックで骨盤の歪みを調整する)
クラニオセイクラル・ワーク(頭蓋骨・仙骨ネットワークの歪みを調整する)
エネルギー指向(痛みの部位のエネルギー的なアンバランスを調整する)
経絡療法
(経穴に鍼・灸・金銀粒・磁石を用いて経絡の気の流れのアンバランスを調整する)
キネシオテープ
(筋・筋膜や関節の歪みを伸縮性テープを貼って調整する)
その他
(メディカル・アロマ・セラピー、フラワー・エナジー・セラピー、ニュートリション・セラピー、フット・インソール・セラピー)
再評価術前の各種検査の異常が治療により改善しているかを評価する

巣鴨オステオパシー治療室

東京都豊島区巣鴨3-21-3
岡島ビル2F 206号室
(JR・都営地下鉄巣鴨駅 徒歩5分)

TELL:03-3940-7788

診察時間(完全予約制)

平日  10:00~19:00
土曜日 10:00~16:00
休診日 日曜日・祝日(他3~4日不定休あり)

お問い合わせ

診療日・休診日カレンダー

診療日・休診日カレンダー

モバイル会員募集中!


▲このページの先頭へ